2011年01月15日

グリップエンドキャップの交換に必要なもの

テニス人気ブログランキングへ ブログセンター テニス

パワフルハンドタッカーとHEADのグリップエンドキャップ

グリップエンドキャップ交換の必需品!

今回も私の愛用品を紹介したいと思います。
紹介する愛用品は、このパワフルハンドタッカーPT-1 です!
以前紹介した愛用ラケットユーテックラジカルプロのグリップエンドキャップを自分で交換するのに購入しました。
このハンドタッカー缶コーヒーなどのスチール缶も突き刺さるぐらいの威力がありますので取り扱いには注意してください。

リプレイスメントグリップ(元グリ)の交換にも使える!

昨年の夏、テニスプレー中にサーブを打とうとしたときに手汗でラケットがかなりの勢いですっぽ抜け綺麗な放物線を描いてまともにグリップエンドから着地!エンドキャップがパックリ割れてしまいました。それから瞬間接着剤などでだましだまし使用してきましたが割れも大きくなってくるばかりでついに交換に踏み切りました!
このハンドタッカー、リプレースメントグリップの交換時にも使用します。あまり元グリまで交換する人は少数だとは思いますが、いざ交換と言うときに持っていると便利な商品です。

接着剤も使用して交換します。

上記の写真の右側にあるコの字がたのものがハンドタッカーに使用するステーブルになります。写真のものは一本のものですがタッカーにセットするものは丁度ホッチキスの芯のような感じで30本ぐらいの固まりになってます。
エンドキャップを取り付ける際、フタを外しておきましょう、キャップの内側とグリップ側にも接着剤を薄く塗布して固定します。使用する接着剤もラケットやキャップを痛めないようにエポキシ系の接着剤を使用します。
ちなみに、私が使用した接着剤はセメダインRE-004 です。

【ランキング参加中】 人気ブログランキングへブログセンターへ


グリップエンドキャップ交換に購入したい商品

テニス用品が購入できるサイトをご紹介!



【広告】 クルム伊達公子選手を育てた「小浦武志のプロフェッショナルテニス理論」



posted by ケイサン at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | その他おすすめ品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
元グリのサイズを変える予定で調べていたところ、何もかもが同じでしたのでこちらの物と同じものを揃えました。
ところがステーブルが途中までしか刺さらず折れ曲がってしまいました。
うまく刺さるコツなど有るのでしょうか?
Posted by きー at 2011年02月21日 18:21
コメントありがとう御座います。
だいぶ放置していたようで申し訳ないです。
コメント今日気づきました・・・

コメントをいただいてから1ヶ月以上たっているので、すでに上手く固定できたかと思いますが、答えられる範囲でお答えします。

ステーブルを打ち込む際、ラケットをしっかり動かない状態で打ち込みたい場所に対してタッカーを水平垂直にしてラケットとの隙間が無いように少し押さえつけながら打ち込みます。エアー式か電動式のものであれば、そうブレる事は無いのですが、手動式のためレバーを握るときにズレてしまったり垂直を維持できなかったりしてしまいます。なのでラケットを誰かにしっかり押さえてもらいながら、タッカーを両手で動かないようにして打ち込めば上手くいくかと思います。あと打ち込む場所も注意が必要です。グリップエンドのフタをあけてみてもらえればわかると思いますが、
日←こんな感じに仕切りが有りますよね?その仕切りから打ち込む場所をずらさないと奥まで打ち込めなかったりするのでフタを開けて確かめてみてください。
参考になってくれたら幸いです。
Posted by 管理人より at 2011年03月29日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。